1. ホーム
  2. 製品情報
  3. 円筒容器検査(ボトル検査、ジャー容器検査、チューブ検査、カップ検査)「NC-Bottle」

円筒容器検査(ボトル検査、ジャー容器検査、チューブ検査、カップ検査)「NC-Bottle」

  • エリアカメラ
  • ラインセンサ

カタログダウンロード

外観検査に加え印字検査も可能、高機能ボトル、ジャー容器、チューブ、カップ検査装置

概要

  • ピンホール、欠け、切れ、かすれ、はみ出し、異物、傷、他検出可能
  • カラー/モノクロラインセンサ(1K、2K、4K画素選択可)採用による高精度検査
  • 分解能0.05mm(視野100mm、2Kラインセンサ使用時)
  • 回転する容器の任意の位置より撮像検査可能(トリガマーク不要)
  • マルチCPU並列処理により高速回転で短時間の検査を実現
  • 円筒容器の供給から検査、排出までの自動機としてご提供も可能
  • 画像検査ソフトウエア「ナビタスチェッカーフレックス」採用

NC-Bottleの主な機能

NC-Bottleは、各種容器の印刷品質・外観検査を高速・高精度で行う画像検査装置です。
ピンホール、文字欠け、切れ、はみ出し、かすれ、にじみ、異物、傷などの微細欠陥を自動検出します。
寸法・位置計測も同時に実行でき、印刷位置ズレや角度ズレ、成形不良を検出可能です。ボトル全周を高解像度ラインセンサで撮像しますが、回転する円筒容器の任意の位置より撮像開始できるため一般の検査機では必須の撮像用トリガマークが不要です。
ナビタスチェッカー独自技術である輪郭ファジー処理と伸縮補正位置合わせ技術により、印刷の位置ズレや伸び縮み、印刷輪郭部のばらつきがあっても、的確に輪郭部の微細欠陥を検出します。
高精細カラーラインセンサとナビタスチェッカーカラー処理機能により、多色刷りやフルカラーの印字・絵柄の品質検査が可能です。
なお、ナビタス㈱は円筒容器印刷機製造で高い技術と豊富な実績を持っているため、お客様のご要望に合わせ、円筒容器の自動供給、搬送、検査から良品・不良品選別、排出までの一連の処理を実行する自動機としてご提供します。
また、本NC-Bottle検査エンジンのみをご提供し、お客様の既存の自動機ラインに組み込むことも可能です(弊社専門技術スタッフがお客様の装置への組み込みをお手伝いします)。

基本仕様

項目 内容
ラインセンサ 1K(1,024画素)~4K(4,096画素)まで選択可能
分解能 4K使用時:25μm(視野100mm設定)、50μm(視野200mm設定)
照明 LED高輝度ライン反射照明(オプションで透過照明を用意)
PC OS:Windows マルチCPU(2~12Core)、メモリ2GB以上
画像処理
エンジン
ナビタスチェッカーフレックス

検査内容

項目 内容
検査対象 化粧品、医薬品等のボトル・ジャー容器・チューブ・カップ
印字品質検査 異物、欠け、ピンホール、印刷抜け、汚れ、かすれ、ひげ、文字太り・細り、ほか
背景欠陥検出 インク飛び、異物、シミ、すじ、傷、打痕、汚れ、ほか
寸法計測 幅、角度、アールなど
位置ズレ計測 抜きズレ、ラベル位置、印刷位置など
可変情報検査 連番確認、バーコード・2Dコード・マイクロQRコード読取りと照合、品質検査、文字認識と可変印字品質検査
結果確認機能

FLX-Verify(フレックスベリファイ)(オプション)

  • 欠陥箇所の拡大表示と良品/検査品の切り替え表示
  • 検査結果のリスト表示
  • 不良判定品の救済処理
  • 判定結果の記録、保存

検査例

カタログダウンロード